なかじま三四郎が力を注いできた箕面市議会での主な案件(1期、2期から抜粋)

子育て支援

  • 乳幼児(子ども)医療費の助成拡大

⇒[通院]:3歳まで→就学前まで拡大
⇒[入院]:就学前→小学校卒業まで拡大

  • 妊婦健診【助成】

⇒[助成回数]:5回→14回に拡大

  • 学童保育について

定員数の増加と施設の充実を実現!

支援が必要な子どもの受け入れについて改善を要望

  • 子どもの健康をまもる

予防接種等の助成増額を実現

教育支援

  • 箕面市奨学資金制度について

支給方法を前払いに変え、学校へ直接支払うなどの改善を実現!

  • 高校中退予防

高校とスクールソーシャルワーカーとが連携を図っていくことを提案

  • 訪問型学習支援プログラムの導入

生活困窮・不登校の子どもたちへ訪問型学習支援プログラムを提案し実現!

子ども・若者支援

  • 子どもの貧困課題の解決

子ども見守り成長室の設置に尽力

  • 社会的居場所の開設

生きづらさを抱えた若者が利用し、社会参加のステップとなる社会的居場所の開設に取り組みました。

人権

  • ささゆり応援手当(DV被害者支援)

ささゆり応援手当としてDV被害者等にも支給が実現

  • 生活困窮者自立支援事業の導入

モデル事業の段階から箕面で実施することに尽力

高齢者福祉

  • まちかどデイハウスの大阪府補助が50%削減!

箕面市独自の支援策を要望、最高150万円+介護予防事業での補助を実施

  • 国民健康保険・介護保険について

値上げ抑制策を提案。制度のはざまとなる世帯への対応についても改善を要望。

  • 高齢者の健康を守る

予防接種等の助成増額を提案し実現

地域防災

  • 福祉避難所の拡充

指定避難所になっていない公共施設等を発災後、福祉避難所に指定するよう要望

  • 地域での防災訓練

要援護者や避難ルート・場所の確認など、実効性のあるものへの転換を要望

  • 地域防災の強化を要望

市民安全メールの災害時活用
日ごろから地域の「絆(きずな=つながり)」を強める
備えの充実(地域防災訓練、資機材備蓄の強化)
要支援の方々への対応(妊産婦、子ども、高齢者、障がい者市民、外国人市民など)